ヤン・ボサック ワルシャワ経済大学教授に対する旭日中綬章伝達式(7月6日)

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
7月6日、ヤン・ボサック ワルシャワ経済大学教授に対する旭日中綬章の伝達式が大使公邸にて執り行われました。 ボサック教授は、1972年に文部省国費留学生としてポーランドからの留学生第一号として来日し、その後、我が国大学とワルシャワ経済大学との間で交換留学制度の設立に貢献されました。また、日本とポーランドとの間の経済交流に携わり、ポーランド・日本経済委員会の設立に尽力されています。主に日本経済に関する多数の執筆や講演などを通じて、実務及び学術の両面からポーランドと日本の間の経済交流を促進し,我が国経済に対する理解の普及に貢献されています。 このような多大な功績が評価され、天皇陛下より旭日中綬章が授与される運びとなったものです。 ボサック教授には、我が国とポーランドの経済交流の発展に引き続き尽力頂けることが期待されています。