「消えゆく伝統~嵐絞り染め現代解釈」講演会

2016/12/8
12月5日当館広報文化センターにおいて「消えゆく伝統~嵐絞り染め現代解釈」講演会を開催し、ウッチ美術大学のルドヴィカ・ジトキエヴィチ=オストロフスカ博士が講師を務めました。講演会では、絞り染めについての説明のほか、日本の美学、絞り染めからインスピレーションを受けた各国のアーティストの作品が紹介されました。また、ウッチ美術大学の学生による嵐絞り染め作品、同大学等で行われたワークショップの様子を画像と共に紹介しました。広報文化センターの展示企画「嵐絞り染めからインスピレーションを受けた作品展」も同時に開催されました。