原子力セミナー(福島第一原発事故からの教訓及び安全な原子力発電の利用)(11月13日)

2017/11/16
11月13日(月)、ワルシャワ市内で原子力発電の平和利用に関するセミナーが開催され、松富大使が出席し挨拶を行いました。同セミナーは経済産業省による補助により、原子力国際協力センター(JICC)及びポーランド・エネルギー省の共催により開催されたものです(10月にはクラクフ市でも開催)。平和利用のための原子力の利用促進に向けて、我が国の原子力政策、福島第一原発事故からの教訓とした安全な原子力発電の促進をテーマに、ピオトロフスキ・エネルギー省次官、プシブィチン国家原子力エネルギー庁長官をはじめ、ポーランド政府関係者、企業及び学識経験者など100名を超える出席者が参集し、プレゼンテーション及び質疑応答等が行われました。