第4回 ポーランド-日本 クリーンコールテクノロジーセミナーの開催(2月15日)

2019/2/19
2月15日(金)、第4回ポーランド-日本 クリーンコールテクノロジーセミナーがワルシャワ市内で開催されました。同セミナーは経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、石炭エネルギーセンター(JCOAL)及びポーランド・エネルギー省の共催で開催したものです。川田大使は、両国のエネルギー政策の方向性が類似しており、石炭ガス化複合発電(IGCC)等のクリーン・コール技術に関する協力を含めて、エネルギー・気候変動問題などの地球規模課題に取り組むことに期待を述べました。本セミナーはドンブロフスキ・エネルギー副大臣、竹谷資源エネルギー庁国際資源エネルギー戦略統括調整官をはじめ、ポーランド政府関係者、企業及び学識経験者など130名を超える出席者が参集し、プレゼンテーション及び質疑応答等が行われました。