ワルシャワ大学における三井物産冠講座「書道から学んだ,心を整える技術」

2017/12/1
11月29日,ワルシャワ大学旧図書館において,第11回三井物産冠講座,武田双雲さんによる「書道から学んだ,心を整える技術」と題した講演が行われ,日本大使館からは松富大使夫人他が出席しました。
著名な書道家である武田氏は,会場に集まった約300名の聴衆を前に,一期一会,森羅万象といった日本語を紹介しつつ日本人の精神性や物事の受け止め方,書く文字にその人の個性が現れることなどについてユーモアを交えて分かりやすくお話されました。最後に聴衆の前で自身にとって大切な言葉である「気」の一字をしたためました。
会場に集まった同大学生や教授陣,在留邦人らは武田氏の興味深い講演に熱心に聴き入りました。講演後には複数の学生から流暢な日本語で質問がなされ,武田氏が丁寧に回答しました。
ワルシャワ大学の三井物産冠講座は2011年に始まり,今回で11回目の開催でした。