日本ポーランド国交樹立100周年記念シンポジウム

11月24日,日本とポーランドが紡いだ絆と真実の歴史を学び伝える会、及びワルシャワ日本語学校が主催する日本ポーランド国交樹立100周年記念シンポジウムが開催されました。シンポジウムの中では、日本とポーランドの歴史や、ポーランドにおける日本食、日本語教育等についての講演が行われました。また、講演の合間には和太鼓や琴が演奏されました。本行事でのオープニングにて、川田大使は、着任5ヶ月目のポーランドの印象や日本とポーランドの共通点を交えた挨拶を行い、会場より共感を誘いました。本行事には、日本語教育関係者や日本企業関係者、一般の方々が多数訪れました。

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示