国交樹立100周年オープニングレセプションの開催

1月15日(火),大使公邸に於いて,2019年の国交樹立100周年オープニングレセプションを開催しました。同レセプションには,ポーランド訪問中の衆議院日本ポーランド友好議員連盟所属議員(額賀福志郎会長,北村誠吾幹事長,木原稔事務局長)のほか,マズレク下院副議長,テルレツキ下院副議長,セヴェリンスキ上院副議長をはじめとするポーランド上下両院議員,ポーランド政府関係者,日本との交流に携わっているポーランド人の方々,ポーランド在留邦人の代表の方々など多数の方が出席しました。
レセプションの冒頭,パヴェウ・アダモヴィチ グダンスク市長の逝去を悼み,参加者で黙祷を行いました。
ワルシャワ農業大学(SGGW)合唱団による両国国歌斉唱に続き,川田大使が日本語とポーランド語で挨拶を行い,両国の友好議連による活発な議員外交に敬意を表するとともに,皆様のご協力のもとに,この一年が素晴らしい一年となることを願う旨述べました。
また,ドロタ・アルチシェフスカ=ミエレフチク 下院ポーランド日本友好議員連盟会長,額賀会長が挨拶を行ったほか,鏡割りを行い,北村幹事長の音頭で乾杯しました。
そのほか,レセプションでは,梅田はなさんによる地唄舞,茶道裏千家ワルシャワ寸心協会による呈茶が行われました。

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示