伊藤有壱 東京藝術大学教授による「日本の新世代アニメーション」上映・講演会

2019/3/19
 3月13日(水),国際交流基金ブダペスト日本文化センター及び当館の共催で,東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の伊藤有壱教授をワルシャワに招き,「日本の新世代アニメーション」上映・講演会をワルシャワ芸術大学ホールにて開催しました。伊藤教授から,クレイをはじめとしたストップモーションアニメーションの製作過程や技法について,実際に撮影に使用したクレイの人形を示しながら説明するとともに,代表作である「ニャッキ!」等の作品を上映しました。来場者から多くの質問が寄せられ,伊藤教授が丁寧に回答しました。
 また,ワルシャワ芸術大学ホール前のロビーにて,東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻第9期修了制作プログラムの映像放映も行われ,ワルシャワ芸術大学学生をはじめ来場者が熱心に見入っていました。